手摺・設備ラック・架台・化粧モール下地・ルーバー・2次部材・非構造部材の構造計算│有限会社アクト


その手摺はもつか?

2次部材 構造計算 依頼

勉強会
ディテール199
ディテール198
ディテール197
ディテール196

 

 ゼロから始める方へ -2017年の 重要な お知らせです。

5つのコンテンツ

これまで弊社が出会った案件を再構成して、

・判断のポイント

・計算の解き方

 ※式を示して、弊社のWebソフトを使って解説します。

を 解説音声CDとテキストで お伝えします。

毎回セミナー感覚で、様々な事例解説を手に入れることが出来ます。

弊社の有料セミナーは、御一人15,000円ほどで開催しています。

その他に、交通費や往復時間を別途負担して参加して頂いています。

それを、毎月ご自宅のポストにお届けしようというものです。

CDですから、何度も聞くことが出来ます。

それが、毎月届きますから、

聞くだけで、いつの間にか身に付くことも多いはずです。

※2017年1月下旬より送付開始。

すでに、ニュースレターをお届けの方には、

 2017年1月号より無償でCD付きと致します。

▲戻る

 

・インターネットにつながれば、

・PC・スマホ・タブレット 機器を選ばず

・ネット上で使える クラウド計算ソフトです。

・いつでも、どこでも、移動中の新幹線の座席でも、

・メール感覚で使えます。

・学習にも、実務にも最適です。

下の QRコード を クリックするとサンプルソフトが開きます。

お試し下さい。QRコード からスマホでも使えます。

・弊社の運営するサイトの 使用権パスワード を提供します。

現在以下の33の計算機能が揃っています。

・荷重+梁サイズから それが もつか を計算します

1)片持ち梁+集中荷重 (曲げ・せん断・たわみ を計算)

2)片持ち梁+等分布荷重 (曲げ・せん断・たわみ を計算)

3)単純梁+集中荷重 (曲げ・せん断・たわみ を計算)

4)単純梁+等分布荷重 (曲げ・せん断・たわみ を計算)

5)単純梁+2点集中荷重 (曲げ・せん断・たわみ を計算)

6)単純梁+中央部等分布荷重(曲げ・せん断・たわみ を計算)

・荷重から 必要な梁断面を逆算します

7)片持ち梁+集中荷重

8)片持ち梁+等分布荷重

9)単純梁+集中荷重

10)単純梁+等分布荷重

・梁断面から その断面でもつ最大荷重を逆算します

11)片持ち梁+集中荷重

12)片持ち梁+等分布荷重

13)単純梁+集中荷重

14)単純梁+等分布荷重

・梁がたわむ量に応じた もつ荷重を逆算します

15)片持ち梁+集中荷重

16)片持ち梁+等分布荷重

17)単純梁+集中荷重

18)単純梁+等分布荷重

・ベースプレートとアンカーの耐力を計算します

19)床ベースタイプ

20)壁ブラケットベースタイプ

21)アングルネコタイプ

22)アンカーによるコンクリート破壊を計算します

・溶接の耐力を計算します

23)溶接のサイズから それがもつかを計算します

24)荷重から 必要な溶接サイズを逆算します

・断面サイズから断面性能を算出します

 (断面2次モーメント・断面係数・断面2次半径・断面積など)

25)フラットバー(無垢材)

26)角パイプ(中空材)

27)コーナーR角パイプ(中空材)

28)丸鋼(無垢材)

29)丸パイプ(中空材)

30)風圧力(建築基準法・同施行令に従い算出します)

31)単純梁+多点集中荷重(5点まで荷重位置・大きさを設定します)

32)座屈(鋼構造設計規準に従い許容座屈応力度を算出します)

33)4辺支持+等分布荷重の板材の最大応力と たわみ を算出します

   ※33)は現在ベータ版(参考版)です

■この中の ひとつを紹介します。

 下の入力画面に数値を記入すると

■下のように、答えを表示します。

 ↓↓↓

■計算式と計算過程を表示しますので、

 ・学習のために見直すことが出来ます。

 ・ブラウザ機能で、画面の印刷が出来ます。

 ・メモ帳ソフトにコピー&ペーストで

 ・計算書を作ることが出来ます。

 ※独学・応援が目的ですから、

  ノウハウを隠しては 意味がありません。

▲戻る

 

好評を頂いた、

弊社のセミナーのテキストとそれを解説する音声CDです。

ゼロから始める人が最も分からない

・プロは、どこから考え始めるのか

・どこを どうやって 考えを進めているのか

という疑問に答えるために、

 

・計算書が出来るまでの

・計算頭脳のブラックボックスを公開します。

・音声解説CD2枚組(合計2時間)+テキストブックのセットです。

 ※解説録音の音質は、ご容赦ください。

 

■そのエッセンスを著したのが、下の図です。

 頭の中を、整理して 順番を付けました。

 このほか、12枚の図解ですべてを説明しています。

 この図解を、さらに詳しく、2時間の音声CDでお聞きください。

▲戻る

 

建築構造計算を始める時の、必要用語を数えたところ約40個でした。

・この用語を、4つの具体的な事例を解きながら解説します。

・ポイントごとに必要な知識を 加えながら 事例の解説が進み、

・4つの解説が終わると、必要用語をすべて読める仕組みです。

・同じ4つの事例を、Web Soft で解く

・図解マニュアル テキストブックを加えて、

・テキストブック 2冊組セットです。

その内容は、以下のようなものです。

もくじ

第1章 必須の力学法則

Point 始まりはつり合い計算の理解から

・つり合いと曲げ

・せん断

第2章 手摺を計算する

Point すべての要素が詰まった計算事例

・予備知識1-曲げの話し

・予備知識2-曲げを判定する

・予備知識3-せん断を計算する

・予備知識4-たわみを計算する

1)ハンドレールを計算する

2)支柱を計算する

3)ベースプレートを計算する

4)アンカーボルトを計算する

5)コンクリートを計算する

第3章 ルーバーを計算する

Point 風の考え方とネコの計算

1)ストリンガーを計算する

・予備知識1-等分布荷重の扱い

・予備知識2-等分布荷重のモーメント

2)アンカーボルトを計算する

3)ネコを計算する

第4章 軒天井下地を計算する

Point 計算法を網羅する事例

1)吊り材を計算する(座屈)

2)横揺れを防ぐブレースを計算する

3)ブレースと吊り材の接合ボルト

第5章 点検歩廊の根太を計算する

Point アングル根太の持ち方

1)根太を計算する

2)接合ボルトを計算する

3)アングル端部のせん断を計算する

追記及び備考-すみ肉溶接の応力

これに加えて、

公式を導く計算法を、別紙として掲載しています。

経験上

・どこかの本に書いてあるから大丈夫だろうでは、

・自信ある計算は書けません。

・建築構造計算の自信と説得力は、

・センスや感覚でなく

・根拠と出典を明確に持つことです。

そんなわけで

・このパッケージで示す公式の

・基本部分を導いています。

将来、気になれば、お読み頂くと裏付けとなる資料です。

別紙 公式を導く

・誰かが作った計算式を根拠も知らず使うのでなく、自分で導けば

 自分の式となります。そこで、導いてみましょう。

・モーメントとは

『片持ち梁+集中荷重』のモーメント

『片持ち梁+等分布荷重』のモーメント

『単純梁+集中荷重』のモーメント

『単純梁+等分布荷重』のモーメント

・せん断とは

『片持ち梁+集中荷重』のせん断

『片持ち梁+等分布荷重』のせん断

『単純梁+集中荷重』のせん断

『単純梁+等分布荷重』のせん断

・たわみ とは

『片持ち梁+集中荷重』のたわみ

『片持ち梁+等分布荷重』のたわみ

『単純梁+集中荷重』のたわみ

『単純梁+等分布荷重』のたわみ

別紙 3点支持 等分布荷重の連続梁の解法

▲戻る

 

これは、あなたの独学を継続して応援することが目的です。

そこで、ゼロから始めて独学するあなたに、

・実力確認の検定試験を用意しました。

・実力の確認ですので、

・資格試験ではありません。

・なにかの証明をするものではありません。

でも『建築2次部材の構造計算を使い倒そう』という意気込みです。

試験概要(予定)

・参加資格:弊社のユーザーの方

・形式:ご自宅で各自行う形式を予定しています。

・日程:2017年2月・4月・6月・8月を予定しています。

・費用:回数無制限 無料

※具体的な要項は、後日お知らせします。

▲戻る

 ■ ツール と サービス
無料ダウンロードページへ
▲ページトップ

*AutoCADは米国Autodesk社の米国および他の国における商標または登録商標です。

*Windowsは米国Microsoft社の米国および他の国における商標または登録商標です。

*その他、記載の社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

建築金物の強度計算

有限会社アクト

岐阜県岐阜市福光東1丁目28-12