手摺・架台・壁下地など小さな強度計算でお困りの方へ│有限会社アクト

その手摺はもつか?

手摺の強度計算5

■現場で止める普通ボルトは計算上ピンと見ます。
 下図は、足元を普通ボルト2本で止める手摺です。
 このボルトにはどんな力がかかるでしょうか?
100921_001.gif図1
 支柱ピッチ900ですから、支柱1本にかかる力は
 135kg となります。


 分かり易くする為に、図1を横にします。(図2)
100921_002.gif図2
■図3と図4は、
 2本のボルトそれぞれにかかる力を示しています。


■図3は、外側のボルトにかかる力です。
 図中の支持点で力が釣合うとすれば、
 ①135kg の支持点に及ぼすモーメントは、
 ②162kgm となります。


■支持点で釣合う為には、
 反対方向に同じモーメント③162kgmが必要です。
 ③から逆算すると、④1080kg が得られます。
100921_003.gif図3


■図4は、内側のボルトにかかる力です。
 図中の支持点で釣合うとすれば、
 ①135kg の支持点に及ぼすモーメントは、
 ②182.25kgm となります。


■支持点で釣合う為には、
 反対方向に同じモーメント③182.25kgmが必要です。
 ③から逆算すると、④1215kg が得られます。
100921_004.gif図4

以上から、大きい方の1215kg の力に
ボルトが耐えれば安全が確認出来ます。


この力はボルトにせん断力として作用します。
1215kg > ボルトの許容せん断応力
となれば、計算は終了です。

*AutoCADは米国Autodesk社の米国および他の国における商標または登録商標です。

*Windowsは米国Microsoft社の米国および他の国における商標または登録商標です。

*その他、記載の社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

建築金物の施工図・小さな強度計算

有限会社アクト

岐阜県各務原市前渡西町6丁目47番地