手摺・設備ラック・架台・化粧モール下地・ルーバー・2次部材・非構造部材の構造計算│有限会社アクト

ホーム

 

計算書を出すのは、怖い。

 

赤ペンのチェックが戻ってくると、
人格を否定されたような気分で、夜も眠れない。

 

そんな強いプレッシャーを受けている、

今まで構造計算など関わりのなかった人が、

 

見よう見まねで始めて
「よくわかりました。それで作ってください。」と
頭を下げられる計算書を書いてしまう。

 

そんな 魔法みたいなこと、

あるはずがないと、思うでしょうか。

 

私は、日本全国4,000件の金物施工図を30年描き、
その構造計算をしてきました。

 

私も、はじめは、真っ赤になって戻ってくる
計算書を見るのが、とても、とても嫌でした。

 

次は赤いチェックを見なくて済むように
毎回、リベンジを誓いました。

そんなことを、繰り返していたところ、

 

計算に「絶対の自信」

を持つ方法に気づきました。

 

「 絶対 」とは言いすぎでも、言い間違いでもありません。

私たちは、これを実践して、

どこから攻められても動じない、計算を出しています。

 

この方法は、
構造計算に関わりのない 営業職の方にも、効果があります。

 

それというのも、
これをアドバイスして打合せに送り出すと
「計算書を盾にして、堂々と正当な立場を主張してきました」と、

 

わざわざお礼の報告を頂くからです。
それも、一人や二人ではありません。

 

どこから攻められても動じない技量を持つことなど、

今さらできないと、多くの人が挫折します。

確かに、専門知識の習得に勉強は欠かせません。

 

ところがその前に、知っておくべき、ことがあります。

 

構造計算には、初心者が気づかない「プロのルール」があるのです。

これを知らないで、どれだけ勉強をしても
「絶対の自信」にたどり着く人は少ないでしょう。

 

私がそうでした。

私の経験では、
このルールを知って勉強を始めると、効率良く自信が手に入ります。

 

ここでそのルールをお知らせします。

 

そのルールとは、

「 すべての数値と計算式を、

 法令と公的文献から見つける 」ことです。

 

なんだ、そんな当たり前のことか、と思われましたか?

すこし、立ち止まって、振り返ってください。
あなたは、そのルールを守って、使っているでしょうか?

 

例を挙げましょう。

 

日本国内に建設する建築物は、
建築基準法とその関係法令に従わねばなりません。

 

それは、建築基準法、第1章、第2条に書かれているからです。

国内で構造計算するすべての人は、この法令に従う義務があります。

 

これをしっかりとらえれば、

日本国内に設置する建築金物のすべては、
法的に認められる強度がなくてはならないことになります。

 

金物の構造計算が求められる根拠(出典)は、ここにあります。

 

すると、構造計算に使う数値の多くは法令に書かれているとわかります。

荷重は、建築基準法施行令 第83条に、
許容応力度は、建築基準法施行令 第96条に、それぞれ書かれています。

 

法令には見つからない計算式や数値もあります。

それは、誰もが納得できるよう、
日本建築学会、JIS規格、各業界の関連団体などの公的文献から採用します。

 

ここで、こんな質問を よく 頂きます。

「 ネットで 〇〇 と書いた数値があります。

 これは正しいでしょうか? 」

答え
「はじめに、法的、公的文献の裏付けのない数値は、
  使えるかどうか、わかりません。
  ですから、計算で使うことは危険です。
  つぎに、1-その数値を裏付ける公的文献を探してください。
  そして、2-その文献を自分の目で読み、確かめてください。
  上記の1と2が整えば、その数値は採用できると判断します。」

 

このように判断すれば、計算で不安はなくなります。
これは、プロが行う判断だからです。

 

その結果、あなたは

どんな問い合わせにも、簡単に答える 人になります。

 

この方法を弊社では「すべての出典を明確にする」と表現しています。

 

すべての出典が明確であれば、
計算書を出すときの、あの重い気分を、二度と味わうことはありません。

 

その自信と余裕が、堂々と正当な主張をする原動力となります。
先の営業職の方々も、この自信を手に入れたのです。

 

それでも、日々忙しいのに、
ひとつひとつ資料を集めるなど、していられない。

それは、私もわかります。

 

そこで、あなたの負担を最小に、

そして最速で「 絶対の自信 」の

構造計算を学ぶ、3つの教材を紹介します。

 

◆セット内容

TOOL-No1)実戦!例題集

TOOL-No2)Webアプリ 1年会員

       ※ 1年間使用パスをお送りします

TOOL-No3)ことば辞典


◆こんな、使い方ができます。

「 実戦!例題集 」で、

例題を読みながら

その計算を、Webアプリで確認します。

 

「 実戦!例題集 」では、

「 なぜ、その計算を選ぶのか? 」という、

計算書には書かれないけれど、

計算の核心部分を、知ることができます。

 

ボルト、ビス、溶接など接合部の計算の

根拠、裏付けとなる文献など

すべての出典を知ることができます。

 

薄板、アルミ形材、ステンレス板、あと施工アンカー、

フラットバー、曲げ板、などなど

金物でしか扱わない部材の、計算法を知ることができます。

 


パッケージに含まれる、

3つのツールの

詳しい内容は次の通りです。


TOOL-No1)実戦!例題集

もっとも効率よい学びは、実戦です。

 

これは、実戦のエッセンスを、

過去3年間、ニュースレターとして

発行した、

特別合冊版「 実戦!例題集 」です。

 

あなたは、私たちの実戦を、

肩越しに目撃するように、

計算のゲンバを見ることができます。

 

ゲンバでは、いきなり、問題とトラブルが発生します。

 

例を挙げましょう。

下図は「 実戦!例題集 」からの抜粋です。

 

門型の金物に、矢印 P の力が働きます。

これだけの条件で、

この金物が もつか? の答えを出さねばなりません。

 

ここでは、ベースプレートを考えてみましょう。

 

下図は、ベースプレートの変形です。

・リブ尽きの柱脚は、下図のように変形すると考えます。

「 実戦!例題集 」では、なぜ、下図となるのか? その根拠が、わかります。

 

・下図は、このときの、柱材とベースプレートとの溶接計算です。

「 実戦!例題集 」では、なぜ、このように計算するのか?

 

その理論と根拠がわかります。

 

※図は、計算ソフト(弊社のWebアプリ)の計算画面です。

 理論が わかっていれば、計算はソフトを使って手早く行います。

 

Webアプリを使えば、

計算に関係する、わずらわしい

数値や計算法を気にすることなく答が出ます。

 

Webアプリにより、

あなたは、図面を見ることに専念できます。

 

そして「 実戦!例題集 」から、

図面を判断し、

文献と理論の根拠を持ち、

計算をする方法が わかります。

 

参考に、ニュースレターの既刊、第1号が開きます。

※pdfファイルが開きます。

 

下記は「 実戦!事例集 」の事例と、そのポイントです。

        事例          ポイント
 1  屋内ルーバー天井と下地  多点集中荷重の梁を計算する
 2  屋上のH鋼 設備架台  設備設計指針の計算法

 3

 屋内展示用テーブル  ラチス梁の計算
 4  設備用吊り架台  設備耐震設計の指針で計算する
 5  手摺の設計  鋼材サイズの決め方
 6  地下の土留め壁  土圧と鋼材の組み方
 7  ガラス手摺  強化ガラスの足元つかみ金物
 8  外部天井の看板  断面2次モーメントの計算法
 9  金属壁パネル下地  溶接と不定形平面の図心計算
 10  外壁の胴縁  風圧力と組み合わせ応力
 11  ブラインドボックス1  薄板の溶接、組み下地の計算
 12  ブラインドボックス2  ビスの耐力
 13  石仕上壁の下地1  支柱計算
 14  石仕上壁の下地2  胴縁、ピンと剛の違い
 15  鉄とステンレスの手摺支柱  鉄とステンレスを組合せた梁の計算
 16  モニター吊り金物  特殊なベース計算の仕方
 17  壁アルミパネルと下地1  パネル(面)を簡単に計算する
 18  壁アルミパネルと下地2  許容応力度の性質と使い方
 19  材の曲げにいつて  座屈と横座屈を使いこなす
 20  シャッター下地  図面を計算モデルに乗せる
 21  ベース仕口1  溶接を集中講義
 22  ベース仕口2  プレート計算を集中講義
 23  門型ガード1  材の変形を観察する
 24  門型ガード2  ベースと溶接の詳しい計算法
 25  床マシンハッチ  板のたわみ と ベースの変形

既刊、ニュースレター

 

 

TOOL-No2)ことば辞典

・許容応力度

・断面係数

・断面2次モーメント、
・断面2次半径

などの名前は知っている。

使い方も知っている。

けれど、

「 意味は? 」と問われたとき、

答えが出てこない、

ということはありませんか?

 

「 計算書の根拠は? 」と問われたとき、
堂々としている人は、この基本を押さえています。

・基本用語の意味、
・その数値の出し方、
・その数値の根拠、
・それを裏付ける法令の条文など

主要45個の意味、計算の方法、出典、

すべての根拠がわかります。

 

興味がわく項目から、ひとつずつ読めば、

構造計算の基礎体力となります。

 

「 ことば辞典 」の目次

 

 

TOOL-No3)Web アプリ

Webアプリは、ホームページにアクセスして使う計算ソフトです。

下の画像をクリックするとサンプルが使えます。

 

上記は、多点集中荷重が働く 単純梁の力学計算をします。

Webアプリは、

計算結果の欄に、計算式と計算過程のすべてを表示します。

計算できる鋼材は、以下の5種類です。

・SS400(鉄材):建築基準法・JIS規格

・SPCG(鉄 薄板):JSI規格」

・SUS304(ステンレス材):ステンレス建材の手引き(ステンレス協会 刊行)

・A6068-T5(アルミ押出形材):アルミニウム建築構造設計規準・同指針

・A1100-H14(アルミ板材):アルミニウム建築構造設計規準・同指針

すべての値に根拠を得ています。

 

SPCG材は、自動車や家電などの薄板で使われる材です。

この材は、2.3mm、3mmなどの切り板をアングル加工して、

下地材として使われることが多いことから、

計算できるようアプリに含めています。

 

ところがspcg材は、

元来、建築の構造材として使われる鋼材ではなく、

JIS規格などで、根拠となる、ヤング係数の記載がありません。

このことからWebアプリでは、

ヤング係数が関係する たわみ 計算を不可としています。

 

このようにWebアプリは、

力学、法令、各業界指針を順守した計算をします。

下をクリックすると、Webアプリのメニューが開きます。

※画像ファイルです。

 

※Webアプリを お使いの際には、インターネット環境が必須です。

 Webアプリ会員に入会いただくと、パスワードを発行いたします。

■ご利用により得られた計算結果の使用につきましては、

 自らの責任において行って下さい。
■ご利用に起因するすべての障害・損害に関して

 有限会社アクトは一切の責任を負いません。
■バグ等の不具合が発見されても

 有限会社アクトはバージョンアップ等の責任を負いません。

 

また上記の計算は、次の根拠で行っています。

・壁面の風圧力(荷重)の計算:建築基準法施行令 第87条

               および、建設省告示 第1454号による計算

・座屈(SS400・SUS304):建築基準法施行令 第94条

              および、建設省告示 第1024号による計算

・横座屈:建築基準法施行令 第94条

     および、建設省告示 第1024号による計算

 

上記は、設備架台の計算です。

設備架台は、

・荷重の計算

・地震力の計算

・ボルト耐力 などすべて、

「 建築設備耐震設計・施工指針 」によって計算します。

 

Webアプリは、PC、スマホ、タブレット

インターネットにつながれば、

場所を選ばず、思いついたら計算が始まります。

 

 

この学習機会に、あなたが投資する金額は、

実戦テキストで学ぶ、独学セット   :59,600 円(消費税含む・送料別)


 

あなたの スキル

収入を決める時代となりました。

 

コロナを超えて、

人生100年時代を生き抜くスキルを求める方へ

 

建築金物のトラブルは、

他部材との接合部で起こります。

 

あなたの経験と仕事に、

強度を評価する力が加われば、

トラブルの大半は、未然に解決されます。

 

そして、あなたとあなたの会社の

独自性、優位性、利益率向上を約束します。

 

出会いを広げ、時間を効率よく使い、
収入を増やす工夫に、終わりはありません。

 

これは、

それを実践するあなたに、

役立てていただきたい情報です。

 

けれど、お金を出せば、
なにもしないで

結果が約束されることは、ありません。

その点を、ご承知の上、お使いください。

 

あなたと共に、学べるならば、嬉しく思います。

                 

 

 実戦テキストで学ぶ、独学セット
 59,600 円(消費税含む・送料別)

 クリックすると ショッピングカートの商品一覧が開きます。

 お支払いは、銀行振込・代引き・カード支払い をお選び頂けます。

 

 

 商品一覧
▲ページトップ

*AutoCADは米国Autodesk社の米国および他の国における商標または登録商標です。

*Windowsは米国Microsoft社の米国および他の国における商標または登録商標です。

*その他、記載の社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

建築金物の強度計算

有限会社アクト

岐阜県岐阜市福光東1丁目28-12